私、お茶の子の趣味やら日常やらを書いてます。       狼は生きろ!豚は死ね!


by ochanoko50saisai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

音響カウンターと音響ハメは違うんだけどねぇ

月曜も上覧参戦。

しかし普段の鉄砲2構成にできず。
武士・鉄砲・召喚・仙論・術忍・雅楽・神通

軍学いないから密教入りと当るとキツイなぁと思ってたら初戦から当ったよorz
密教修験神通と回復が厚め+遁+憤怒狙撃という構成でじわじわ削られジリ貧になって負けました。
回復1+姫だと裏鬼門&遁の削りに追いつけない感じでした。う~ん、残念。

2戦目はこちらの仏門僧が沸いたのでメンツ入れ替え。
武士・鉄砲・召喚・仙論・雅楽・仏門・神通
相手に術忍がいてこれまた術アタッカーにはキツイ感じでしたが、孔雀よりはまだダメージ通るので相手の神職を落とし、そこからまた蘇生されたりで粘られましたが仏門を落としたとこで旗折れ勝利。

3戦目もキャラ入れ替え
武士・鉄砲・仙論・術忍・雅楽・仏門・神通   俺はベンチw観戦してました。
相手は薬師1+召喚の姫が回復。召喚・鉄砲鍛冶と刀鍛冶憤怒狙撃がアタッカー。
途中こちらの神通薬師のみが痺れた状況があったので大音響カウンター完全をしたら観戦してた人が音響ハメハメ騒いでましたw
こちらが子守とか喰らったら起きた直後に大音響でカウンター取る戦法知らないのかね?
ちょっと前までは古神の神威ハメとか言うのが流行っててあまり雅楽見た事が無い人が多いのかな?大音響でカウンター取る戦法なんて飛龍時代からあったのになぁ。そもそもそれで使わなかったら大音響の使い道なんて無いだろと・・・
んで3戦目も勝利。


これで通算9勝1敗。ベスト20には入ってたかなぁ?
これ毎日出ないとほんと上位行けないな・・・。上位チームとかうちらの倍近く試合してるし。




今1位のチームが使ってる所謂「音響ハメ」
個人的にはよく考えた連携だぁと思います。さすがにそればっかりだと確かに萎えますがね。

神典が速攻韻>仙論が凶方>雅楽が大音響>回復役が完全
これが一連の流れです。場合によっては修験が仏滅秘呪して後光消しもする感じ。
これはこちらに高速・相手に低速を付ける事によって音響明けの完全回復を通しやすくするという物。一度痺れたキャラは次の行動するまで痺れない(発動準備は行動と見なされない)という仕様もあって、大音響・金縛り・催眠等でも止められないという連携です。

これを止めるには、みね打ち、痺れ斬りの準備止め技能、打撃による気合削り等しか無いわけです。これも修験が荒行完全すると手裏剣や剣風・狙撃でも止まらない。
止める方法は、鉄砲の4段撃ち・忍法の封殺手裏剣くらいでしょうか?但し低速・高速の差があり、一所で釣られてる場合もあるので止めるのは厳しい。

対抗策が極めて少なく、ずっとこの連携が続くので「音響ハメ」と言われるのでしょう。



んでうちらが使った「音響カウンター(と、うちらは勝手に呼んでいる)」
これは上の方でも書きましたが、こちらの徒党員が痺れ・催眠等を喰らったのを利用しその徒党員が起きた時に大音響をすることによって、起きた徒党員は動けて他は敵味方共に痺れている状況を作り出す事です。
うちらは主に回復役が痺れた後に使う事が多いです。完全を通す為に。
そしてこれは飛龍時代からあった戦法です。飛龍時代は不変・壱の為結構寝ることも多かったですし、軍学の活殺自在も流行ってましたからね。活殺自在へのカウンターとしては大音響がかなり有効でしたよ。


所謂「音響ハメ」と「音響カウンター」
使われる目的は同じ回復の為ですが、使用方法はまったくもって別物です。
よく分かってないようで、ハメハメ騒いでる方が多数見受けられたので説明しておきました。

今回使用した時の構成に仙論がいて直前に凶方を入れてた為、こう勘違いした人が多かったのかな?音響カウンターならこっちが低速・相手が高速でもほぼ無関係で完全を通せる確率が高いので、凶方は正直おまけです。

ちなみにうちらは俺の召喚が入る事もある為、所謂「大音響ハメ」は使用出来ません。式神が暴走しますからねw
[PR]
by ochanoko50saisai | 2008-05-26 23:59 | 日記のような物